CORBOオフィシャルショップです、コルボ[CORBO]では、
厳選のレザーを使い末永く使えるバック(鞄)ショルダーバッグ・ダレスバッグ・ポシェット・リュックサック、ビジネスバッグ、
レザーウォレット(財布)、二つ折り財布、長財布、チェーンウォレット、札入れ、札ばさみ、コインケース、、がま口、ウォレットコードなど、 レザーアクセサリー、キーホルダー、筆箱、などブランド[CORBO]コルボがお送りします。
[CORBO]コルボオフィシャルサイトはこちら▼
http://corbo.co.jp/


毎日使うものが壊れないなんて、ありえないと私たちは考えます。
素材も創り手の姿勢も職人さん達の技も、しっかりと次の世代の、作る事が大好きな人達へと継承される事がとても大切です。
孫の世代では、鞄を作るのも、使うのも、修理をするのも、孫の世代の人達なのですから。

木の力(タンニン)等を借りて甦生した「皮」は
朽ちるスピードを「木」に近づけて「革」になります。
 
日常的なご使用と、オイルを塗り込んだり、磨いたり、
大切に使い込まれた皮革製品は、
傷や擦れを重ねてツヤを上げ色は深く貫禄を増していきます。
朽ちるのを止めた、柔らかな木のように永く寄り添ってくれます。

ここでは簡単にメンテナンス方法やおすすめメンテナンスグッズをご紹介します。

ブラッシング

塗装されていない素上げの皮革でしたら、小傷や擦れは軽いブラッシングで消すことができます。
オイルを塗ったあとの余分なオイルを馴染ませたり、肌理を整えるのにもブラッシングは良い方法です。
中でも『馬毛』のブラシは皮革製品のケアに最適です。

天然成分のオイル

優秀なケア製品はいろいろありますが、CORBO.では動物性の脂肪を原料にした『ミンクオイル』をお勧めしています。
多少染み込みが遅い等ありますが、使い込んだツヤや感触が皮革らしく自然です。
天然成分でも特につや出しが目的の靴用のクリームは財布やカバンでは感触がツルツルになり、粘りが弱くなり ツヤが上がりすぎる様に思います。


乾拭き

新品の皮革にはすでにオイルが充分入っていますので、使い初めの数ヶ月はケアの必要はありませんが 小傷などが気になる様でしたら、ブラッシングの後、柔らかい布でやさしく乾拭きして下さい。
オイルを多く塗りすぎると、腰が無くなったり、型くずれが早まる事もありますので、軽い乾拭きをお勧めします。

防水スプレー

基本的に皮革にとって『水』は大敵です。
防水スプレーも時間とともに効用は弱くなるので、使い続けなければ安心とは言えません。
しかしビジネスバッグなどは必要な場面もあります。その場合には必ず『皮革用』と表示のある物をお使い下さい。

*CORBO.では皮革のメンテナンスなどは無料で承っておりますので、もしご自分でメンテナンスするのは不安
 というお客様はお気軽にCORBO.にご相談下さい。  


この刻印は、私達が創った物達への『責任』の証です。
安心してどんな事でもお気軽にご相談下さい。



 

*CORBO.では必ず、お修理希望の製品を実際に拝見させていただきます。
 その上で最善の修理方法・お預かり期間・お修理代金をお見積もりをさせていただきます。
 お客様にすべてご了承いただいてから作業に入りますので、安心してお送り下さい。
 
*分解修理等を繰り返すと傷みが早まります。商品を長くお使いいただくためには、
 気になる箇所は出来るだけ一度にまとめて修理を行う事をおすすめいたします。


rp_linearea_number

まずはじめに『Contact』ページ『お修理依頼フォーム』に必要事項をご記入のうえ送信して下さい。
3営業日中に担当者よりご連絡をさせていただきます。

まずはコチラ

rp_linearea_number

お修理依頼品が届き次第、到着の旨お客様へお知らせして、お見積もりに入ります。
お見積もりが出来ましたら、Eメール・お電話にてお知らせいたします。
 
ご納得いただけるまでご相談下さい。

rp_linearea_number

最終的なお修理方法とお見積もり内容を全てご了承いただけましたら指定の口座へお修理代金をお振込下さい。 ご入金の確認が出来次第、作業に入ります。

*お修理代金のお支払い方法は『銀行振込』のみとさせていただきます。
(振込手数料はお客様ご負担でお願い致します)

rp_linearea_number

お修理、点検、メンテナンスが上がりましたらご連絡さしあげて、ご返送いたします。

□■ 出来るだけ希望に添えるようにご対応させていただきます。 ■□