CORBOオフィシャルサイト。コルボ[CORBO]では、厳選のレザーを使い末永く使えるバック(鞄)ショルダーバッグ・ビジネスバッグ・ポシェット・リュックサック、ビジネスバッグ、
レザーウォレット(財布)、二つ折り財布、長財布、札入れ、札ばさみ、コインケース、ウォレットコードなど、 レザーアクセサリー、キーホルダー、筆箱、などブランド[CORBO]コルボがお送りします。
[CORBO]コルボオフィシャルサイトはこちら▼
https://corbo.co.jp
CORBO. Online-Shop

Shop Blog

2019.03.15

CORBO. Standard wallets.

CORBO.のロングセラーシリーズ『 SLATE・スレート 』
シリーズの中でもいちばん多種のアイテムを取り揃えており
発売以降約20年間、多くのお客様に支持され続けております。

皮革はBADALASSI CARLO(バダッラシー・カルロ)社の「ミネルバ・リスシオ」を使用。
イタリア古来の革鞣し技法であるヴァケッタ(Vacchetta)製法により
長い時間と手間をかけ 天然成分をじっくり染み込ませた味わいのある皮革です。
“リスシオ/liscio”とはイタリア語で『滑らか』の意味があり
その名のとおり皮革の銀面はすべすべとしたスムースタイプの肌理が特徴。
使い込むごとに皮革に含まれている油分により光沢感が表れ、色合いも深みを増していきます。


(右:約7年使用 エイジングサンプル/8LC-9362 ダークブラウン)

『 SLATE 』はスレート瓦のように、皮革の重なりをそのまま表現する事を
造形のコンセプトにしています。
皮革の特徴を活かし、切れ目のコバは一本一本すべて手磨きを施しており
灼けたような表情を付けてます。
『磨き』と呼ばれている加工には様々な方法がありますが、CORBO.では
硬化剤、樹脂塗料などを使わず出来るだけシンプルに仕上げています。

ダブルステッチによる縫製もSLATEの特徴のひとつ。
内側の細く細かいステッチは芯材や裏地などを、外側の太いステッチは皮革のみをまとめており
それぞれ糸の太さと縫い糸のピッチを変えています。
使い込んでも芯材や裏地がほころびてくることが無く、永くお使いいただけます。
コインケースのホックは、経年変化により立体的な表情があらわれてくるようデザインされています。
SLATEは使われることでより魅力が増し、完成していきます。

今回は2種類の折財布を紹介いたします。
どちらも飽きのこないデザインで、SLATEの始まりから今まで永年愛されています。

SLATE – 折財布(横型)8LC-9361 ¥17,280(全7色展開)

折財布の基本型。
内装にはマチ付きコインケースと4段のカード段を装備。
さらに複数枚のカードなどを収納できるポケットもあります。
札室は仕切り付きで種類別に整理するのに役立ちます。

こちらの仕様では異なる皮革での展開もございます。

二ツ折り財布(プエブロ) CT-9361 ¥17,280(全5色展開)

和紙のような質感が特徴の皮革、プエブロ
使い込むことで表面の擦跡が見えなくなるほどに光沢が表れます。
外装・内装で異なるカラーコンビネーションが新鮮です。

 

SLATE – 折財布(縦型)8LC-9362 ¥19,440(全7色展開)

日常使いにちょうど良い収納力と機能的な仕様が魅力の折財布。
内装にはマチ付きコインケースと4段のカード段を装備。
複数枚のカードなどを収納できるポケットもあります。
さらにかカード段の裏側にはフレーム付きカード入れも備わっており
IDカードや写真等の収納に便利にお使いいただけます。
紙幣収納部は十分な深さがあり、領収証やチケット類もすっきりと収まります。

*

CORBO. works&shop (直営店)
Open 月~日(12:00 – 19:00)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 2-21-12第一小山ビル103
tel:03-5770-7500

CORBO.
HP
Online-Shop
Facebook
Twitter
Instagram

 

 

Shop Blog List

Shop Blog一覧