CORBOオフィシャルサイト。コルボ[CORBO]では、厳選のレザーを使い末永く使えるバック(鞄)ショルダーバッグ・ビジネスバッグ・ポシェット・リュックサック、ビジネスバッグ、
レザーウォレット(財布)、二つ折り財布、長財布、札入れ、札ばさみ、コインケース、ウォレットコードなど、 レザーアクセサリー、キーホルダー、筆箱、などブランド[CORBO]コルボがお送りします。
[CORBO]コルボオフィシャルサイトはこちら▼
https://corbo.co.jp
CORBO. Online-Shop

Collection

SLATE Horween shell cordovan

限定生産
-SLATE- Horween shell cordovan
人気のSLATEの4型をホーウィン社のシェルコードバンにて仕立てました。

1905年創業のアメリカ・シカゴの老舗タンナー、ホーウィン社
のシェルコードバンは熟練の職人が6ヶ月以上の工程を施し
作り上げる珠玉の馬革です。

しっとりとした風合いとコードバンらしい腰があり、ワイルドで品のある表情が魅力です。
エージングが進むうちに奥深い表情と独特の艶が現れます。
付き合いつづけ、ケアしつづける限り、それは蘇ります。


L字ファスナー 折財布/1LL-1503



キーケース/1LL-1502



折財布(横型)/1LL-1501



ラウンドファスナー 長財布/1LL-1504



Horween shell cordovan
ホーウィン社シェルコードバンについて
 
ホーウィン社は1905年創業のアメリカ・イリノイ州シカゴの老舗タンナーです。
 
熟練の職人が、伝統的な材料と製法を用いて鞣しなどの作業の大部分を手作業で行っています。
それにより、常に確認や調整が行き届き高品質な皮革を作り続けることができるのです。
見た目の美しさに加え、耐久性や通気性を併せ持っています。
 
植物性タンニンで鞣され、コードバン層を削り出し、手塗によるアニリン仕上げで染められています。
じっくりと時間をかけてオイルを含浸させ6か月もの時間をかけてオイルコードバンとして仕上げられています。
 
 
ホーウィン社シェルコードバンの魅力的な表情について
 
ホーウィン社のシェルコードバンには独特な表情に魅力があります。
日本で一般的に慣れ親しまれている、コーティングされはじめから表面がツルツルとしたコードバンとは違い
素朴でしっとりとした風合いとコードバンらしい腰があり、そしてワイルドで品のある表情が魅力です。
 
馬特有の汗腺やコードバン層ゆえに現れる少しザラッとした質感など、シェルコードバンのクセのある豊かな表情と奥深い独特な艶は、ご愛用とレザーケアで何度でも蘇り、経年変化を永くお楽しみいただけます。
 
 
メンテナンス方法について
 
ホーウィン社のシェルコードバンは、保護するためのコンディショニング剤が十分に含まれています。
使い始めから数年は特別なケアは必要ありません。
必要以上にクリーム等を塗り込んでしまうと皮革に悪影響を及ぼし、艶が上がりにくくなってしまいます。
手入れを正しく行うことで、その魅力を引き出していくことが可能です。

コードバンにとって、水滴や水分は水膨れやザラつき、シミの原因となりますのでご注意下さい。
日頃のメンテナンスは、多少汚れや傷が目立つようであれば、馬毛ブラシでブラッシングをして乾拭きで仕上げて下さい。
ザラつきが気になるようになりましたら、市販のコードバンクリームを柔らかい布によく馴染ませ、極少量づつ塗り込み、馬毛ブラシでしっかりとブラッシングをして乾拭きで仕上げて下さい。
乾いた手の平で撫でるとよく馴染み、ホーウィンシェルコードバン独特の艶が蘇ります。





イタリア/BADALASSI CARLO社の
バケッタ製法について
 
植物タンニン鞣しであるバケッタ製法。
バケッタ製法とは、ケブラチョ、チェストナット(栗)、ミモザ(アカシア)などの木から抽出されるタンニンエキスを原皮の芯まで時間を掛けてしっかりと浸透させ 独自のレシピで調合された牛脂など天然成分のみのオイルをじっくりと加脂し乾燥にもゆっくりと時間をかけて皮革をなめす伝統的製法です。
 
加工には30日ほどの時間をかけるので、浸透しにくいオイルが隅々までしみわたり独自の風合いと腰、深みのある表情を生み出します。
この皮革で作られた製品は、使いはじめてすぐに実感できるほど、味わい深い艶を増し タンニン鞣しならではの愛着の湧く色の変化を楽しんでいただく事ができます。
 
「イタリア植物タンニン鞣し本革組合」によって、人や環境を破壊する有害物質を一切使わず、100%天然の植物エキスを使って加工されている事が保証されています。